『田七人参』ってどんな人参?

田七人参の働き 筋肉の糖代謝との関係

厚生労働省の「平成24年国民健康・栄養調査」によると高血糖者数は約2,050万人であると報告されています。高血糖とは、血液中に糖が過剰にある状態で、血管損傷を引き起こし、様々な疾病に進行します。
近年増え続けている高血糖者への課題解決が、社会的に急務とされています。
そこで、私たちが注目したのが、“筋肉の糖代謝機能”です。
ここで、長年の研究の上、見つけ出した田七人参の働きについてご紹介いたします。

筋肉による糖代謝機能

筋肉は、糖の代謝に大きな役割を果たしています。
LION田七人参研究員はここに着目しました!

筋肉による糖代謝機能

糖代謝機能に着目

田七人参由来の機能成分を発見

1日に実験できるのはわずか10種類ほど。地道な実験を繰り返した結果、1000種類の植物の中から発見したのが、田七人参でした。

田七人参由来の機能成分を発見

田七人参の効能を発見

田七人参とは? 人参の働きを左右するサポニン成分

田七は雲南省や広西省の限られた地域に生育し、苗(ミャオ)族などの民族薬として古くから用いられてきました。ベトナム戦争時には止血薬として使用しても使用され、現在では肝障害治療の伝統薬として著名な片仔廣(へんしこう)の主成分であることも影響し、欧米や日本でも使用されるようになりました。

人参に含まれる有効成分 サポニン成分

サポニンこそが、人参の働きを左右する決め手です!
人参に含まれるサポニン成分はジンセノサイドと呼ばれています。
このジンセノサイドの種類や含有量によって、人参の持つ働きは異なっています。

人参に含まれる有効成分 サポニン成分

詳しくはこちら

ご存知でしたか?みなさんが一般的に野菜として食べている人参はセリ科、薬草として用いられている人参はウコギ科と、植物分類学上異なる植物なのです。
薬草人参については、一般的に朝鮮人参がよく知られており、高麗人参と言ったり、単に人参と呼ばれています。
この他に、田七人参や竹節人参、西洋人参、ベトナム人参などがあげられ、これらは有効成分とされるサポニン成分の違いによって、効果効能が異なっています。

LIONの田七人参独自研究

糖代謝を研究するにあたり、「筋肉」に焦点を当てたのは、一つは筋肉の糖の消費量が多いことにあります。
もう一つは、筋肉は衰えやすいけれど、回復しやすい、ということです。筋肉は、使わないと1週間くらいで衰えてしまいますが、適切な対応をすれば、量的にも質的にも戻ると言われています。
そこで、筋肉の質を高め、糖代謝を助けてくれるような成分を探すことにしました!

空腹時血糖値に注目!

高血糖を抑えるために、わたしたちは空腹時と食後の両方の血糖値に着目しました。

空腹時血糖値に注目!

詳しくはこちら

田七人参の研究員 田七人参研究に関わる研究員の生の声をお届けします

野村 充 研究員

野村 充 研究員

田七人参 生理機能研究リーダー
博士(理学)

田七人参に含まれる成分で、血糖値改善効果が高まることを発見。

研究秘話はこちら

北村 久美子 研究員

北村 久美子 研究員

田七人参 生理機能研究員

田七人参の効果を最も発揮できる成分を探すため、様々な田七人参抽出液を作製し、機能成分を探索しました。

田七研究への思いはこちら