ヒトの空腹時血糖を低減

食後血糖値だけでなく、空腹時血糖値も
改善できないだろうか?

高血糖を抑えるために、わたしたちは空腹時と食後の血糖に着目。実験により機能成分のパナキサトリオールに、食後及び空腹時血糖値の両方を低下させる効果があることが実証されました。

ヒトの空腹時血糖を低減

「田七人参エキス」の空腹時血糖への影響

田七人参エキスの空腹時血糖への影響空腹時血糖に着目!従来は、食品で高血糖値を抑制する手段として、食事制限や糖質の消化・吸収を抑制する成分の摂取があげられます。これらの手段は、食後の急激な血糖上昇をゆるやかな上昇へと抑える一時的な作用があります。
しかし、わたしたちは高血糖値を抑制するには、食事の急激な上昇を一時的に抑えるだけでなく、空腹時血糖値が正常な範囲に抑制されていることも重要だと考えました。そこで、「田七人参エキス」の食後及び空腹時血糖に対する効果を調べました。

※田七人参由来の機能成分であるパナキサトリオールを含む。

「田七人参エキス」のヒトへの高血糖抑制効果を実験

「田七人参エキス」のヒトへの高血糖抑制効果を実験

「田七人参エキス」含有カプセルを1日1回、8週間午前中の食間に摂取してもらい、摂取前後の空腹時血糖値と、食後血糖値(澱粉を中心とした食事を摂取した後の血糖値の推移)の変化を調べました。その結果、「田七人参エキス」含有カプセルの摂取8週間後では、摂取前と比較して、空腹時血糖値は平均107.3mg/dL→101.8mg/dL(p<0.01)、また、摂取8週間後の食後血糖値(120分後)は平均156.1mg/dL→140.4mg/dL(p<0.001)と有意な低下が確認されました。

これらの結果より、
「田七人参エキス」は食後及び空腹時血糖値の両方を改善する効果があることが示されました。


以上、「田七人参エキス」は、従来の食品で知られる、食事と同時に摂取することで、糖の消化・吸収を抑えて血糖値の上昇を穏やかにする作用とは異なるメカニズムにより、血糖値の上昇を抑制する機能があると推察されます。

わたしたちは今後、「田七人参エキス」が高血糖を抑制するメカニズムを分子レベルで解明するため、さらに研究をすすめてまいります。

田七人参エキス摂取により、空腹時・食後血糖値が改善!